スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデンのしあわせ絵本館 食の巻その2

つづいては、
「なかまといっしょに
味わうしあわせ」
にちなんだおはなしです。

Mats och Roj 表紙

"Mats och Roj”
(「マッツとロイ」
Eva Lindström 作
Alfabeta 社)


マッツとロイという、
仲良しの男の子二人は、
冷蔵庫の残り物で、
何か新しい料理を
つくり出そうと思いつきます。

二人が見つけたのは、
いわしの燻製。

いわしの燻製

ぐちゃぐちゃにつぶして
フォークで平らにすると、
マッシュポテトならぬ、
マッシュいわしのできあがり。

マッシュいわしを作ろう!

でも、ちょっと気持ち悪くて、
マッツは顔をそむけてしまいました。

なかまといっしょに
あじわうしあわせも、
見ための気持ち悪さには
勝てなかったようです。


さて、つづいて二人は、
フルーツミューズリーを
見つけました。

ふつうに食べると
こんな感じですが・・・

ミューズリー

固いドライフルーツと
ぱさぱさのオート麦が
きらいな二人は、
これをみんなとりのぞき、
とりのぞき、
かわりに
レーズンだけの
ミューズリーの開発に
のりだします。

しかし、
こまかいオート麦を
ひとつぶ、ひとつぶ
とりぞのくという
気の遠くなるような作業に、
ついに断念。

調理の仕方はともかく、
なかまといっしょに
つくるというのは、
楽しく、
しあわせなひとときですね。


つづく


(本の表紙の写真は、出版社の許可を得て掲載しています。)
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

きただい えりこ

Author:きただい えりこ
スウェーデンに留学し、児童文学と文芸創作を学ぶ。
現在は、スウェーデンの絵本・児童書の翻訳と紹介にたずさわる。
スウェーデン児童文学翻訳家。
よみうりカルチャー荻窪教室「絵本で学ぶスウェーデン語」講座講師。
日本の絵本・児童書をスウェーデン語に翻訳し、スウェーデンで紹介もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。