スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーランド フェリーの魅力発見の旅(デザイン編)

洗練されたデザインも、
北欧の魅力のひとつ。

フェリー内部のデザインは、
どのようなものでしょうか。

天井のライト

天井のライト 紫(船の後方)

天井のライト 青(船の前方)

天井のライト 黄色(船の中央)

フェリーの前方、中央、後方で、
ライトの色が分かれています。
現在位置が、ひとめで分かるようにという
工夫だそうです。


天井の模様にも
注目してみてください。

花の模様がついています。

この花模様、
壁や床にも使われています。

blomster模様の壁

blomster模様の床

同じ模様で、
統一感を出しているのです。


こちらは、
ダイヤモンドの模様で統一。

diamant模様のライト

diamant模様の床


バーでのライブショー。

diamant模様の柵

柵のところに
ダイヤモンドの模様が
使われています。


diamant模様の壁

同じく、ダイヤモンド模様の壁。
おしゃれなだけでなく、
角度をつけることで、
平面の壁よりも
光を室内全体にいきわたらせやすくする
効果もあるそう。

同じ模様を繰り返し、
効果的に用いる手法も、
北欧デザインの魅力の一つといえそうです。


つづく



スポンサーサイト

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きただい えりこ

Author:きただい えりこ
スウェーデンに留学し、児童文学と文芸創作を学ぶ。
現在は、スウェーデンの絵本・児童書の翻訳と紹介にたずさわる。
スウェーデン児童文学翻訳家。
よみうりカルチャー荻窪教室「絵本で学ぶスウェーデン語」講座講師。
日本の絵本・児童書をスウェーデン語に翻訳し、スウェーデンで紹介もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。