FC2ブログ

春は生き物の季節♪

もうすぐ、ゴールデンウィーク。
スウェーデンの人たちのように
森にピクニックに出かけて、
自然の中でゆっくりするのもいいですね。

めずらしい生き物と
出会えるかもしれません。

今日は、そんな、一風変わった生き物が登場する絵本
"Glossas café"
(「まじょグロッサのきっさてん」 
Pija Lindenbaum 作・絵 Alfabeta社)
をご紹介します。


キツネ変身

頭にしっぽがはえたキツネや、


カラスとカエル

足がハイヒールになったカエル、
羽がバナナになったカラス。


歩く魚

はたまた、あるく魚まで。


いったい、どうして、
こんな姿になってしまったのでしょう?

おはなしは、
いじわるな魔女の親子グロッサとグレータが、
山の上に喫茶店をひらいたことから始まります。

カフェ開店


二人は、お客さんへ出す料理に
こっそり魔法をかけていたのです。

仕込中


やがて、お客さんは、
だれも寄りつかなくなりました。

みんな、へんてこな姿にされるより、
おなかをすかせた方がましだと思ったのです。

すっかり退屈してしまった
グロッサとグレータは、

退屈

今度は、自分たちに魔法をかけて、
やさしい、いい魔女に変身します。

そして
病院をひらいて、
みんなの魔法をといてあげます。

クリニック

病院は、
毎日、大繁盛。

めでたし、めでたし。



魔法にかけられていない、
本物のカラス

kråka

日本のカラスとちょっと違います。


長さ5センチほどもある、
ビッグサイズのナメクジ 

ナメクジ

べつに、魔法にかけられているわけではありません。

さすが、スウェーデン。
人々の背が高いのはもちろん、
ナメクジまでビッグサイズとは。
スケールが違いますね。





(絵本の写真は、作者の許可を得て掲載しています。)







スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きただい えりこ

Author:きただい えりこ
スウェーデンに留学し、児童文学と文芸創作を学ぶ。
現在は、スウェーデンの絵本・児童書の翻訳と紹介にたずさわる。
スウェーデン児童文学翻訳家。
よみうりカルチャー荻窪教室「絵本で学ぶスウェーデン語」講座講師。
日本の絵本・児童書をスウェーデン語に翻訳し、スウェーデンで紹介もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR